palm84.com

革命的愛熊主義者同盟!

USB(メモリ)ブート関連めも

USB(メモリ)ブート関連のツールとかリンクとか。

INDEX
  1. バックアップ・レストア
  2. LiveUSB作成ツール
  3. パーティション編集
  4. いろいろ

バックアップ・レストア

USBメモリを丸ごとイメージバックアップ&レストア可能なツール。

DD for Windows

見たまんま簡単操作でおk!

DD for Windows のスクリーンショット

【注意】バックアップイメージはUSBメモリの容量と同じサイズになります。

dd for windows

名前が紛らわしいですが(笑)、こちらこちらはコマンドライン版。USBメモリ以外にも使える。

USB Image Tool

使ってないのでよくわかりませんが、イメージ圧縮とかかなり高機能らしい。

USB Image Tool のスクリーンショット

LiveUSB作成ツール

【注意】UEFIブートの場合は不要かも

最近ではUEFIブートが標準となりつつあるのでこれらは不要かもしれませんなぁ。

UEFIブートでは、USBメモリをFAT32フォーマット、isoの内容をそのままコピーで起動できます。

※ Easy2Boot は手間かかるけど、UEFI/Legacy 両対応マルチブート作成が可能。

isoファイルからブート可能なUSBメモリを作成できるツール。

UNetbootin

この手のツールの中で最も有名。

UNetBootin のスクリーンショット

但し、日本語版の対応はいまいちかもしれない。

Easy2Boot

最強ツール!(笑)

Easy2Boot のスクリーンショット

パーティション編集

パーティション切るだけなら Windows の diskpart コマンドや Linux の fdisk コマンドで可能ですが、下記ツールだとフォーマットやブートローダーのインストールも可なのでめっちゃ楽です。(※ 操作間違うと怖いけど...)

RMPrepUSB

非常に多機能なUSBメモリ編集ツール。バックアップ&レストアやQEMUでの起動確認も可能。

RMPrepUSB のスクリーンショット

BOOTICE

※ サイトがなくなってるみたいですが...

こっちもなかなかの高機能。RMPrepUSBと比べると操作がわかりやすいかな。

BOOTICE のスクリーンショット

いろいろ

isohybrid

最近のisoイメージ(※ Ubuntu, Debian, Vine Linux, Super Grub2 Disk など)はこの形式が多くなりました。isohybrid イメージは上記のddツールなどで直接書き込むだけでブート可能になります。

【注意】Windowsでは使えなくなったりします。

UEFIブート

UEFIブートでは、FAT32フォーマット + isoの内容コピーのみでブート可能になります。ブートローダーのインストールは不要。

PLoP Boot Manager

USBブート非対応PC向けのチェインローダー

PLoP Boot Manager ブートメニューのスクリーンショット


まんがでわかるLinux シス管系女子 (日経BPパソコンベストムック)

まんがでわかるLinux シス管系女子 (日経BPパソコンベストムック)