palm84.com

革命的愛熊主義者同盟!

右クリック「送る」でファイルの MD5/SHA1 値をめもに書き出しします...

f:id:palm84:20150909012434p:plain

Windows 版 openssl.exe でやってたんですが、Windows 標準コマンドでもできたのですね・・・

参考ページ

めっちゃ感謝!であります。

実行するとコマンド窓が出た後、ログ(テキスト)に書き出し(追記)& テキストエディタでログを開きます。

  • 00_MD5_memo.txt
D:\VMware\LiveCD\iso\clonezilla-live-2.2.3-10-i486.iso
MD5 : 0263a6c7d1c2001c763ecc7d15546729
SHA1: 2dbef035e2219ec217fd8f7e169a0c0968718352

D:\VMware\LiveCD\iso\clonezilla-live-2.2.3-10-amd64.iso
MD5 : 9889b53096eb468e2029030175e5f97b
SHA1: 78f7cbac479df4d83d93ba84eb273f6e0a409036

D:\VMware\LiveCD\iso\clonezilla-live-20150217-utopic-amd64.iso
MD5 : 0403ca414acdfb09ac5d4e0bbfc54c5c
SHA1: 8c3f06b2174b4d374ee09f0cfea2faa2630ee0ff
作成スクリプト
2017.2.19 追記

感嘆符 [! ] を含むファイル名では使えなかったので修正してみました。あまりテストしてないのであしからずで...(thanks to ky さん)

拡張子 .txt を外してWクリックで実行してくだしあ。

f:id:palm84:20150909012436p:plain

やってることは...

  1. 「送る」(shell:sendto) フォルダ内に隠しファイル - MD5_SHA1_memo-sendto.bat 作成
  2. 「送る」にそのショートカットを作成
  3. ショートカットのアイコンを変更

f:id:palm84:20150909012435p:plain

デフォルトではデスクトップ上にログ - 00_MD5_memo.txt が作成されます。2回目以降は追記となります。

ログの場所を変更するには...

ちょっと変更しました

スクリプトを修正します。

26: '* デスクトップに作成
27: strLogDir = Desktop
28: '* マイ ドキュメントに作成
29: 'strLogDir = Documents
30: '* 対象ファイルの場所に作成
31: 'strLogDir = ""
32; '* 任意の場所に作成
33: 'strLogDir = "ディレクトリパスを記述"

行27以下を編集。行27にクオート ' 付加、有効にする行のクオートを外す

下記は「ドキュメント」(マイ ドキュメント)の例.

26: '* デスクトップに作成
27: 'strLogDir = Desktop
28: '* マイ ドキュメントに作成
29: strLogDir = Documents

※ フルパス指定は行33で

尚、スクリプト実行時は既存バッチファイルは削除され、再作成します。


関連めも

ほならでした。