読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

palm84.com

革命的愛熊主義者同盟!

PLoP Boot Manager と Easy2Boot

USB Boot Easy2Boot

f:id:palm84:20160325201151p:plain

PLoP Boot Manager 経由でも Easy2Boot は使用可能ですが、PLoP 使用時は書き込み(書換)不可となるので、その注意点など。

※ v1.78 での確認です。

Therefore, if you boot to Plop and then try to run an E2B menu entry, you will probably see a 'write error' message. However, if you use grub4dos 0.4.6a (standard in v1.62+ or a menu entry older versions), you can boot to E2B from Plop and then use the - Utilities - Install fast grub4dos usb 2.0 driver menu entry (use E2B v1.30 or later). The grub4dos USB 2.0 driver has full rd/wr support and after the USB driver is loaded, E2B should work as normal (until you reboot).

FAQ & TroubleShooting >> :: Easy2Boot
  1. Easy2Boot ブート時 .imgPTN 選択切替は書換必須
  2. 書換が必要な時は Grub4dos USB 2.0 driver を使う

※ Windows 上なら Switch_E2B.exe にて切替できますけど...

PLoP Boot Manager 経由だとブート時に警告メッセージが出る。

  • PLoP Boot Manager 経由での Easy2Boot ブート時の警告メッセージ

f:id:palm84:20160325201155p:plain

  • .imgPTN 選択後の書き込みエラー

f:id:palm84:20160325201151p:plain

  • パーティションテーブル書換の確認画面 - 続行してもエラーで停止

f:id:palm84:20160325201150p:plain

ISOBOOTスクリプトなどパーティションテーブルの書き込み(書換)なしで起動できる場合も多いのですが、非対応iso及び .imgPTN ファイルは書換が必須。

多少不具合があるかもしれませんがPLoP使用時でも Grub4dos USB 2.0 driver 読込にて書換が可能になります。

※ Easy2Boot v1.60 では Grub4dos 0.4.6 への切替が必要でしたが v1.78 では元々 0.4.6 なので不要。

  • Easy2Boot メニューで「UTILITIES Menu」を選択

f:id:palm84:20160325201154p:plain

  • Utilities メニューで「Install fast Grub4dos USB 2.0 driver」を選択

f:id:palm84:20160325201149p:plain

  • USBデバイス検出メッセージ - 0x80 = HD1台目 (hd0) として。(※ Easy2Boot は hd0 じゃないとだめみたいです。)

f:id:palm84:20160325201156p:plain

検出メッセージが一瞬出た後、元メニューへ戻る

.imgPTN 選択後のPLoP使用ブートでは元に戻せない?
2016.4.26 追記】MPI Tool Pack v0.065

.imgPTN 選択時のメニューに「Install the fast USB 2.0 read/write grub4dos driver」が追加されました。これで書換が可能になりました。(*´▽`*)

※ Windows 上なら SWITCH_E2B.exee2b\RestoreE2B (run as admin).cmd で元に戻りますけど...

元の Easy2Boot メニューに戻すには書き込みが必要なので PLoP ブートでは戻せない。゚(゚´Д`゚)゚。

  • .imgPTN 選択後の Easy2Boot CSMブートメニュー

f:id:palm84:20160325201152p:plain

※【注】「9 Install Grub4dos USB 2.0 driver」は私が後で追加したもの。

  • 「Swich back to the Easy2Boot menu」選択後のエラー画面

f:id:palm84:20160325201153p:plain

緊急時は menu.lst 編集する?

MPI Tool Pack v0.065 では不要となりました!

WindowsマシンもUSBブート対応マシンもナイナイな場合はどうしませうか?

上の画像にチラッと出てますがブートメニューに「Install Grub4dos USB 2.0 driver」を追記してみるとか。一応私のUSBブート非対応 dynabook では問題なし。

【注】不具合あるかもなので自己責任にてオナガイ...

  • USBメモリルートの menu.lst の「Shutdown」の下あたり
title ^F10 Shutdown                     [F10]\n Power Off
halt

title Install Grub4dos USB 2.0 driver
usb --init
configfile /menu.lst

【追記】仕組みがよくわかりませんけど... (;´・ω・)、変更した menu.lst の内容は初期メニューへレストア 再度選択でも保存されていました


ほなー


関連めも