読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

palm84.com

革命的愛熊主義者同盟!

SystemRescueCd USBメモリブートで変更差分を保存して起動

f:id:palm84:20170222214746p:plain

試してみました。

INDEX

概略

KNOPPIX などと同様で変更差分をファイルとして保存して次回起動時に反映させる方法です。

systemrescuecd-x86-4.9.2.iso (488MB) での確認です。

上記ページの説明を参考にしたお試しレベルなので詳しく理解してるわけではないけど、おおまかにはこんなかんじかな?

  1. 事前に、変更差分用ファイル = ファイルシステム ext3 のイメージ (loopback) ファイル = を Windows 版 RMPrepUSB でUSBメモリ上に作成する
  2. USBメモリ上のブート設定ファイルを編集する - backstore=alldev オプション追記
    • \boot\grub\grub-492.cfg - UEFIブート用
    • \syslinux\syslinux.cfg - MBR/BIOSブート用
  3. SystemRescueCd 起動し、終了時に「Save session」を選択して終了する

ext3 イメージ (loopback) ファイル作成

RMPrepUSB は最新版(2017.2.22時点)の v2.1.732 をインストール(※ これより古いバージョンはだめ!)


  • 使用するUSBメモリを接続した状態で RMPrepUSB を起動、「Create Ext2/3/4 FS」を選択

f:id:palm84:20170222193520p:plain

  • ファイル名 - sysrcd.bs を指定

f:id:palm84:20170222193521p:plain

  • VOLUME LABEL 名 - 任意で

f:id:palm84:20170222193522p:plain

  • ファイルサイズ - とりあえず 195 (MB) で

f:id:palm84:20170222193523p:plain

  • ファイルシステム - ext3 指定

f:id:palm84:20170222193524p:plain

  • fsutil.exe 実行前の確認画面 - 間違いなければ OK

f:id:palm84:20170222193525p:plain

  • コマンド窓表示

f:id:palm84:20170222193526p:plain

  • ファイルシステム変換の確認画面 - 間違いなければ OK

f:id:palm84:20170222193527p:plain

  • コマンド窓表示

f:id:palm84:20170222193528p:plain

  • 修了確認画面

f:id:palm84:20170222193529p:plain

ブート設定ファイル編集

USBメモリ上のブート設定ファイルに backstore=alldev オプションを追記する。

  • \boot\grub\grub-492.cfg - UEFIブート用
  • \syslinux\syslinux.cfg - MBR/BIOSブート用

下記はとりあえずですが、1番目のブートエントリに追記する例...

  • grub-492.cfg - linux 行に追記
menuentry "SystemRescueCd (64bit, default boot options)" {
	set gfxpayload=keep
	linux	/syslinux/rescue64 backstore=alldev
	initrd	/syslinux/initram.igz
}
  • syslinux.cfg - APPEND 行に追記
LABEL rescuecd_std
MENU LABEL 1) SystemRescueCd: default boot options
KERNEL ifcpu64.c32
APPEND rescue64 scandelay=1 backstore=alldev -- rescue32 scandelay=1 backstore=alldev

SystemRescueCd 起動すると sysrcd.bs が検索されてマウントされました。

f:id:palm84:20170222214746p:plain

終了時には「Save session..」を選択して終了しませう。

f:id:palm84:20170222193519p:plain

注意点

  • sysresccd-installer-2.0.0.exe で作成したUSBメモリではUEFI用ブート設定ファイル (grub-492.cfg) の訂正が必要でした。
    • linux 行 - /isolinux//syslinux/
    • initrd 行 - /isolinux//syslinux/

  • Easy2Boot 使用時は iso から imgPTN ファイルを差分ファイルの分だけ大き目に(+ 200MB とか)作成、SWITCH_E2B.exe などでその imgPTN を選択した状態のUSBメモリで上記手順を実施すればいいようです。imgPTN は再作成しなくて変更分は保存される模様。

但し、isoダイレクト + sysrcd.bs の場合は保存パーティションがNTFSだとだめらしいです。この場合は sysrcd.bs を仮想パーティションに展開して起動する必要がある模様... imgPTN 作成した方がUEFI/MBR両対応なので楽かな。


ほなyan


東芝 TOSHIBA USBメモリ32GB 純正品 並行輸入品 パッケージ品 UHYBS-032G

東芝 TOSHIBA USBメモリ32GB 純正品 並行輸入品 パッケージ品 UHYBS-032G

SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 16GB  (5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-016G-J57

SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 16GB (5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-016G-J57