palm84.com

革命的愛熊主義者同盟!

武田三代 - 新田 次郎

読みました。

武田三代

武田三代

武田三代に纏わる7つの短編集です。武田氏には詳しくない私でも面白く読めました。

信虎追放、信玄陣没、勝頼自刃――。

天下に名をとどろかせた甲斐の武田家。風林火山を旗印にしたこの強大な騎馬軍団は如何にして生まれ、そして滅んだのか。信虎、信玄、勝頼という武田三代にまつわるさまざまなエピソードから、埋もれた真実が明らかになる! 著者の代表作『武田信玄』の基礎をなしたともいえる七篇を集めた短篇集。

Amazon.co.jp: 武田三代 eBook: 新田次郎: Kindleストア
信虎の最期

”老醜”信虎の帰国、そしてその最期。

異説 晴信初陣記

平賀源心討取りを成功に導いた間者の話。

消えた伊勢物語

駿河政策を巡る信玄と義信の対立には裏で糸引くある勢力による陰謀があった?...

まぼろしの軍師

山本勘助の遺児鉄以が語るまぼろしの軍師。

孤高の武人

純愛小説(笑)?

火術師

戦国時代に火薬類の専門家がいたという話(説)。

武田金山秘史

武田滅亡時の黒川金山と裏切者・穴山梅雪。

新田次郎氏の小説は文体が穏やかなので創作された人格部分もすんなり受け入れられる様に感じました。ってか、それが歴史小説の必要条件だったりするかも(笑)。


ほな

武田信玄 風の巻

武田信玄 風の巻

八甲田山死の彷徨

八甲田山死の彷徨