palm84.com

革命的愛熊主義者同盟!

右クリック「送る」からWhereコマンドでファイル検索します...

f:id:palm84:20190814112538p:plain

ファイル検索はファイラーを使えば簡単ですが、検索結果を書き出ししたい時があるやんな!ないかもしれんけどあるやんな!(超思い込みw)

そんな思い込みの激しいぱそこん老人会のワシに捧げます(笑)、Explorer などファイラーでフォルダ指定して右クリック「送る」 ファイル名入力 結果メモを開く、ちゅうやつを作ってみましたでぇー。

  • フォルダを指定して右クリック

f:id:palm84:20190814112538p:plain

  • ファイル名を入れるべし

f:id:palm84:20190814112551p:plain

  • テキストが開かれる、この窓は press any key で閉じるべし

f:id:palm84:20190814112557p:plain

  • 結果メモが開かれ候 - ログはデスクトップに作成 - 01-Where_log.txt

f:id:palm84:20190814112603p:plain

  • ※ 結果なし or エラーの際は、プロンプトに戻り候

f:id:palm84:20190814112608p:plain

  • ※ 複数ファイル指定もおkなのでござる

f:id:palm84:20190814112619p:plain

  • スペース(空白)を含むファイル名は引用符 " で囲む
  • 複数ファイル指定はスペース区切り
  • 基本は完全一致、部分一致はワイルドカード [?] [*] 指定
  • ? - 任意の1文字
    • abc? - abcd, abc0 ...
    • ?abc - 0abc, xabc ...
  • * - 任意の0文字以上
    • abc* - abc, abcd, abcde ...
    • *abc - abc, 0abc, 00abc ...
作成スクリプト

※ Windows 10 1903, 8.1, 7 で一応確認してますが、不具合あればご容赦くだされたし。

拡張子 .txt を外してWクリックで実行してくらはい。

f:id:palm84:20190814163417p:plain

やってることは…

  1. 送る (sendto) フォルダに Where_file-sendto.bat 作成(※ 隠しファイル)
  2. そのショートカットを作成
  3. ショートカットのアイコンを変更

f:id:palm84:20190814113720p:plain

【追記】Whereコマンドについて

このバッチでの実行形式は... ※ %~f1 は指定フォルダのフルパス

where /r "%~f1" %filename% /t

コマンドのヘルプは…

C:\Users\yassy>where /?

WHERE [/R ディレクトリ] [/Q] [/F] [/T] パターン...

説明:
    検索パターンに一致するファイルの場所を表示します。
    既定では、現在のディレクトリおよび PATH 環境変数によって指定された
    パス内を検索します。

パラメーター一覧:
    /R       指定したパターンに一致するファイルを、指定したディレクトリから
             開始して再帰的に検索し表示します。

    /Q       一致したファイルの一覧を表示せずに、終了コード
             のみを返します (Quiet モード)。

    /F       一致したファイル名を二重引用符内に表示します。

    /T       一致したすべてのファイルのサイズ、最終変更日および時刻を
             表示します。

    パターン ファイルの検索パターンを指定します。パターンには
             ワイルドカードである * および ? を使用することができます。
             "$env:pattern""path:pattern" 形式で指定する
             こともできます。"env" は環境変数で、"env" 環境
             変数で指定されたパスで検索が行われます。これら
             の形式は /R スイッチと同時には使用できません。
             パターンに PATHEXT 変数の拡張子を追記して
             検索を実行することもできます。

     /?      このヘルプを表示します。

  注意: このツールは、検索に成功するとエラー レベル 0 を、
        成功しなかった場合は 1 を、失敗またはエラーの場合は
        2 を返します。

例:
    WHERE /?
    WHERE myfilename1 myfile????.*
    WHERE $windir:*.*
    WHERE /R c:\windows *.exe *.dll *.bat
    WHERE /Q ??.???
    WHERE "c:\windows;c:\windows\system32:*.dll"
    WHERE /F /T *.dll
  • 既定では、現在のディレクトリおよび PATH 環境変数によって指定されたパス内を検索
C:\Users\yassy>where regedit
C:\Windows\regedit.exe

C:\Users\yassy>where calc
C:\Windows\System32\calc.exe
  • 複数フォルダ指定 - where "フルパス;フルパス:ファイル名"(※ /r オプションは使えない)
C:\Users\yassy>where "D:\My_Files\Downloads\SS;D:\My_Files\Downloads\新しいフォルダー:*.bat"
D:\My_Files\Downloads\SS\00_png_ex_rename.bat
D:\My_Files\Downloads\新しいフォルダー\FolderPrivate.bat
D:\My_Files\Downloads\新しいフォルダー\net_use_xp2hp.bat

ほなにて候


[改訂新版]Windowsコマンドプロンプトポケットリファレンス

[改訂新版]Windowsコマンドプロンプトポケットリファレンス

Windows 10 上級リファレンス

Windows 10 上級リファレンス