palm84.com

革命的愛熊主義者同盟!

Debian 10 Live (iso/netboot) の日本語表示

Google の広告

f:id:palm84:20200407210024p:plain

MBR/UEFIブート共にブートメニューから指定するだけでおk!となりました。やったねw(※ 日本語入力は入ってません)。

INDEX

起動時に指定 - ブートメニュー

debian-live-10.3.0-amd64-gnome.iso (2.36GB), debian-live-10.3.0-amd64-lxde.iso (2.21GB) で確認しました。

【追記】USキーボード配列

日本語のやつと少し違いがあるので注意。ブートメニューとかはほぼUSなので。

= が一つ隣の Shift- だったり。

UEFIブート

クリックで表示オン/オフ
  • カーソルを Debian Live with Localisation Support に合わせて Enter

f:id:palm84:20200407210024p:plain

  • カーソルを Japanese (ja) に合わせて(※ キーボード設定が不要なら Enter でおk)、E キー押して編集画面へ

f:id:palm84:20200407210029p:plain

  • カーソルを linux 行へ、Ctrl-Eで行末へ移動、スペースを入れて下記を入力追記
keyboard-layouts=jp

f:id:palm84:20200407210034p:plain

  • Ctrl-EX でブート
  • debian-live-10.3.0-amd64-gnome デスクトップ画面

f:id:palm84:20200407210401p:plain

MBR(BIOS)ブート

クリックで表示オン/オフ
  • カーソルを Debian Live with Localisation Support に合わせて Enter

f:id:palm84:20200407210049p:plain

  • カーソルを Japanese (ja) に合わせて(※ キーボード設定が不要なら Enter でおk)、Tab キー押すと編集が可能に

f:id:palm84:20200407210053p:plain

  • スペースを入れて下記を入力追記、Enter でブート
keyboard-layouts=jp

f:id:palm84:20200407210058p:plain

  • debian-live-10.3.0-amd64-lxde デスクトップ画面

f:id:palm84:20200407232856p:plain

起動後に設定変更 - GNOME

netboot.xyz でWebからネットワークブートができますが、起動時にオプション指定などができないため、英語版で起動してしまいます。ということで起動後に変更する方法です。

netboot.xyz - Debian Live 10 (buster) での確認です。

f:id:palm84:20200408125736p:plainf:id:palm84:20200408125740p:plain

あくまで、一時使用時の一時的設定の一例です。もっといい方法があるかもしれません... あしからず。

クリックで表示オン/オフ
Terminal(Emulator) の起動方法

メニューの「System Tool」や「Accessary」にあるはずですが、キーボードのみで出す方法です。

  • Winキー(または Alt-F1) で検索窓が出るので ter と入力すると「Terminal」が出る

f:id:palm84:20200407204549p:plain

JPキーボード配列への変更

…は下記コマンドで(※ やり方これしかわからない... orz)

setxkbmap jp

dpkg-reconfigure locales 実行 (GNOME)

  • コマンド実行
sudo dpkg-reconfigure locales

f:id:palm84:20200407204530p:plain

  • ja_JP.UTF-8 UTF-8Spaceで選択、TabでOKへ移動してEnter

f:id:palm84:20200407204533p:plain

  • ja_JP.UTF-8 を選択、TabでOKへ移動してEnter

f:id:palm84:20200407204539p:plain

  • コマンド完了

f:id:palm84:20200407204545p:plain

  • 右上メニューから「Debian Live user」を選択して「Log Out」

f:id:palm84:20200407204613p:plain

  • 「Log Out」をクリック

f:id:palm84:20200407204618p:plain

  • Enter で再ログイン(※ user/pass = user/live)

f:id:palm84:20200407204623p:plain

  • 「古い名前のままにする」でおk

f:id:palm84:20200407204628p:plain

  • 「アクティビティ」

f:id:palm84:20200407204635p:plain

起動後に設定変更 - LXDE

netboot.xyz - Debian Live 10 (buster) での確認です。

f:id:palm84:20200408125744p:plain

ログアウト方法以外は上記のGNOMEと同じです。

クリックで表示オン/オフ
Terminal(Emulator) の起動方法

メニューの「System Tool」や「Accessary」にあるはずですが、キーボードのみで出す方法です。

  • Win キー + R (or Alt-F1Run)

f:id:palm84:20200407234655p:plain

  • lxt と打つと候補が出るので

f:id:palm84:20200407234643p:plain

  • lxterminal を選択して Enter 2回

f:id:palm84:20200407234649p:plain

JPキーボード配列への変更

…は下記コマンドで(※ やり方これしかわからない... orz)

setxkbmap jp

dpkg-reconfigure locales 実行 (LXDE)

  • コマンド実行
sudo dpkg-reconfigure locales

f:id:palm84:20200407202951p:plain

  • ja_JP.UTF-8 UTF-8Spaceで選択、TabでOKへ移動してEnter

f:id:palm84:20200407202957p:plain

  • ja_JP.UTF-8 を選択、TabでOKへ移動してEnter

f:id:palm84:20200407203004p:plain

  • コマンド完了

f:id:palm84:20200407203012p:plain

  • 左下メニューから「Logout」

f:id:palm84:20200407203201p:plainf:id:palm84:20200407203205p:plain

  • 再ログイン - user/pass = user/live

f:id:palm84:20200407203210p:plain

  • デスクトップ画面

f:id:palm84:20200407203218p:plain

追記】日本語入力の追加

これもあくまで一時インストールですけど、ibus-mozc が簡単に設定できました。

  1. ibus-mozc のインストール
  2. 再ログイン
  3. ibus の設定で Mozc を追加
  4. Win-Space キーでメソッド切替、半角 キーでオンオフ

クリックで表示オン/オフ
  • LXDE - ibus-setup([設定] [IBus の設定])で Mozc を追加、英語は削除

f:id:palm84:20200412002721p:plain

  • GNOME - [設定] [地域と言語]で 日本語 (Mozc) を追加

f:id:palm84:20200412002733p:plain

  • LXDE - Mousepad

f:id:palm84:20200412002726p:plain

  • GNOME - gedit

f:id:palm84:20200412002738p:plain

いろいろ

尚、RAMにつていはシステム要件に少し追加が必要になるかと。netboot.xyz の場合、LXDE で 4GiB, GNOME で 5GiB程必要になるかと思います。

Ubuntuとの違いは、この状態でl10nパッケージが多数入ってること。Firefox, LibreOffice など日本語表示。


ほなびあん!


新しいLinuxの教科書

新しいLinuxの教科書