palm84.com

革命的愛熊主義者同盟!

Ubuntu 18.04 (bionic) Live (iso/netboot) の日本語表示

Google の広告

f:id:palm84:20200410235728p:plain

2020.4.15 日本語入力追加について正確じゃなかったので訂正して追記

Live起動時の一時日本語表示シリーズの2発目!です

INDEX

about

まず、Ubuntu (GNOME) 標準版には、Ubuntu Japanese Team による完全な日本語版のiso = Ubuntu Desktop 日本語 Remix = がありますから、(DVD/USBメモリブートなら)そっちを使うべし。

本家版、派生版(フレーバー)について、日本語ロケールの一部が元々入ってるので、日本語表示は後述のやり方でできたのでありまっす。

あくまで我流だと思うんで、最善でもないかもなので、アシカラズ。


【追記】USキーボード配列

日本語のやつと少し違いがあるので注意。ブートメニューとかはほぼUSなので。

= が一つ隣の Shift- だったり。

【追記】完全な日本語化について

HDインストール時と同じく下記の方法の方が完璧だと思われます。

方法2・Japanese Teamのパッケージレポジトリを追加する 公式リリース版のISOでインストールを行った環境に、次の手順でJapanese Teamのレポジトリを追加することができます。Ubuntuを新しいバージョンにアップグレードした場合も、次の手順で新しいレポジトリを追加してください。

Ubuntuの日本語環境 | Ubuntu Japanese Team

※ 私のページに書いてるのはあくまで、とりあえず的なアレなんで、ご容赦くだされ。

iso (DVD/USBメモリ) ブート
  1. 起動時にブートメニューで指定
    • UEFIブート - オプション(パラメーター)を追加する
    • MBR(BIOS)ブート - メニューから選択する
  2. 起動後に language-pack を(一時)インストール

【1】だけでもメニューなどがある程度日本語化されますが一部のメニューやソフト = GParted など = が英語のままでした。

※ USBメモリの場合は、事前にブート設定ファイルに追記しておけば起動時の指定は不要。

  • UEFIブート - /boot/grub/grub.cfg
  • MBR(BIOS)ブート - /isolinux/txt.cfg (/syslinux/txt.cfg)
netboot.xyz (Webネットワークブート)

netboot.xyz では起動時に指定できないので、起動後に下記を実行

  1. コマンド dpkg-reconfigure locales 実行
  2. 起動後に language-pack を(一時)インストール

上記同様【1】だけでもメニューなどがある程度日本語化されますが一部のメニューやソフト = GParted など = が英語のままでした。

iso (DVD/USBメモリ) ブート

lubuntu-18.04.4-desktop-amd64.iso での確認です。

ブートメニュー

ます、UEFIブートの例...

2020.5.6 追記

無知でありました。すみません。

maybe-ubiquity を指定して「Welcome(ようこそ)画面」で選択する方法が楽だと思われます。orz

※ Lubuntu 20.04 ではダメでした。18.04 ではおk!


クリックで表示オン/オフ
  • E キー押しで編集モードへ

f:id:palm84:20200410235751p:plainf:id:palm84:20200410235757p:plain

  • カーソルを linux 行へ、Ctrl-E で行末へ移動、スペースを入れて下記を入力追記
    • debian-installer/language=ja keyboard-configuration/layoutcode?=jp keyboard-configuration/modelcode?=jp106
debian-installer/language=ja keyboard-configuration/layoutcode?=jp keyboard-configuration/modelcode?=jp106

f:id:palm84:20200410235800p:plain

  • Ctrl-EX でブート

※ 日本語設定だけなら locale=ja_JP.UTF-8 だけでもよし(※ キーボード設定除く)


MBR(BIOS)ブートでは「日本語」選択するだけ、キーボードもJP設定となる

クリックで表示オン/オフ
  • カーソルを「日本語」に合わせて Enter

f:id:palm84:20200410235737p:plain

  • Enter でブート

f:id:palm84:20200410235742p:plain

  • F6キー押し、Space入れたあと、オプション(パラメーター)追記可

f:id:palm84:20200410235747p:plain

起動後にコマンド実行

クリックで表示オン/オフ
  • パッケージ情報更新
sudo apt update

f:id:palm84:20200410234924p:plainf:id:palm84:20200410234927p:plain

  • language-pack のインストール、関連4点も一緒に
sudo apt install language-pack-gnoma-ja

f:id:palm84:20200410234932p:plain
f:id:palm84:20200410234936p:plain

  • Enter で続行

f:id:palm84:20200410234942p:plain

  • 左下メニューから「ログアウト」

f:id:palm84:20200410235715p:plain
f:id:palm84:20200410235720p:plain

  • ログイン - user/pass = lubuntu/なし

f:id:palm84:20200410235724p:plain

  • デスクトップ画面 - メニューの殆どが日本語化

f:id:palm84:20200410235728p:plain

ネットワークブート (netboot.xyz)

netboot.xyz でWebからネットワークブートができますが、起動時にオプション指定などができないため、英語版で起動してしまいます。ということで起動後に変更する方法です。

netboot.xyz - Ubuntu Live 18.04 Lxde での確認です。

f:id:palm84:20200411000827p:plainf:id:palm84:20200411000837p:plain

  • 一時的にキーボードをJP配列にするには下記コマンドで
setxkbmap jp

クリックで表示オン/オフ
  • パッケージ情報更新
sudo apt update

f:id:palm84:20200411000328p:plain

  • ロケールの設定
sudo dpkg-reconfigure locales

f:id:palm84:20200411000332p:plain

  • ja_JP.UTF-8 UTF-8Spaceで選択、TabでOKへ移動してEnter

f:id:palm84:20200411000338p:plain

  • ja_JP.UTF-8 を選択、TabでOKへ移動してEnter

f:id:palm84:20200411000344p:plain

  • ちょっと時間がかかります… - コマンド完了

f:id:palm84:20200411000349p:plain

  • language-pack のインストール、関連4点も一緒に
sudo apt install language-pack-gnoma-ja

f:id:palm84:20200411000354p:plain

  • Enter で続行

f:id:palm84:20200411000358p:plain

  • 完了

f:id:palm84:20200411000404p:plain

  • 左下メニューから「Logout」

f:id:palm84:20200411000808p:plainf:id:palm84:20200411000812p:plain

  • ログイン - user/pass = ubuntu/なし

f:id:palm84:20200411000817p:plain

  • 「古い名前のままにする」の方がいいかと

f:id:palm84:20200411000821p:plain

  • デスクトップ画面 - メニューの殆どが日本語化(※ キーボード設定を忘れてる...orz)

f:id:palm84:20200411000853p:plain

日本語入力追加

あくまでLive起動時での一時インストールの確認です。

まずは、Lubuntu Live 18.04 (DVD), 及び、netboot.xyz - Ubuntu 18.04 LXDE での確認です。

クリックで表示オン/オフ
  • Fcitx は入ってるけど、Mozc はないので、fcitx-mozc をインストール
sudo apt install fcitx-mozc

f:id:palm84:20200415015016p:plain

  • Enter で続行

f:id:palm84:20200415015021p:plainf:id:palm84:20200415015028p:plain

再ログインします...

  • 右下のキーボード・アイコンをクリック - 入力メソッドが「キーボード - 日本語」と「Mozc」になっているか確認

f:id:palm84:20200415015039p:plainf:id:palm84:20200415015034p:plain

  • なっていなければ、「現在の入力メソッドの設定」から(Fcitx 設定 = fcitx-configtool

f:id:palm84:20200415015044p:plain

  • 「キーボード - 日本語」と「Mozc」に設定

f:id:palm84:20200415015047p:plain

  • 半角 or Ctrl-Space でオンオフ

f:id:palm84:20200415015053p:plain

netboot.xyz - Ubuntu 18.04 GNOME では、元々 ibus-mozc が入ってたので設定変更のみでおk

クリックで表示オン/オフ
  • 「設定」「地域と言語」の入力ソースを、「日本語」「Mozc」の順に設定

f:id:palm84:20200415014112p:plain

  • 右上アイコン or Win-Space で入力メソッド切替

f:id:palm84:20200415014118p:plainf:id:palm84:20200415014121p:plain

  • 半角 キーでオンオフ

f:id:palm84:20200415014130p:plainf:id:palm84:20200415014125p:plain

完全(?)日本語化

変更差分保存も可能なLiveUSBで運用する場合とかは必要になるかな。私はやってないので適当に試しただけです。正確じゃないかもですみません。

クリックで表示オン/オフ
  • メニュー - 設定 言語サポート

f:id:palm84:20200411000718p:plain

  • 「言語サポート」が起動、「インストール」を選択

f:id:palm84:20200411000722p:plainf:id:palm84:20200411000726p:plain

  • インストール実行中

f:id:palm84:20200411000733p:plainf:id:palm84:20200411000741p:plain

  • 「日本語」が一番上にあるか確認、でなければ一番上へドラッグ

f:id:palm84:20200411000747p:plain

あっと、地域フォーマットの方も日本になっているか確認!

Ubuntu GNOME では、設定の「地域と言語」をこんな風に設定、「インストールされている言語の管理」をクリックすると「言語サポート」が起動・

クリックで表示オン/オフ

f:id:palm84:20200411004512p:plain
f:id:palm84:20200411004518p:plain
f:id:palm84:20200411004536p:plain

いろいろ

  • Ubuntu Mate でもだいたい同じ、user/pass = ubuntu-mate/なし

ほなぶん!


Ubuntu はじめる&楽しむ 100%活用ガイド[Ubuntu 18.04LTS 日本語Remix対応]

Ubuntu はじめる&楽しむ 100%活用ガイド[Ubuntu 18.04LTS 日本語Remix対応]

  • 作者:リンクアップ
  • 発売日: 2018/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
Ubuntuスタートアップバイブル

Ubuntuスタートアップバイブル

  • 作者:小林 準
  • 発売日: 2018/07/30
  • メディア: 大型本